松本 祐美 石膏型の株式会社マエダモールド

松本 祐美(まつもと ゆみ)

1969年生まれ 2011年入社

前職は保育士でしたが、ずっと好きだったモノづくりの仕事に挑戦したかったそうです。マエダモールドで唯一の女性技術スタッフ。既存の技術はもちろんのこと、今後は人工乳房部門の研究開発にも取り組んでいく予定です。

新人

松本 祐美

Q1: お客様に対して心がけていることは?
今は勉強中なので、先輩のサポートをしながらの業務がメインですが、心をこめて丁寧に造ることを心がけています。お客様が、完成した型を手にしたときにきっと伝わると思っています。
Q2: 仕事(型づくり)の難しさと楽しさは?
細部に至るまできれいに仕上げるためには、石膏のさばき方やケースの磨き方など何かと『早さ』が求められることが難しいです。水の中に石膏を入れて攪拌するのですが、モタモタしていても逆に攪拌しすぎても固まってしまう。しかしそれらを乗り越え、うまく仕上がった時は喜び=楽しさにつながると思います。
Q3: 会社の厳しさは?優しさは?
入社するまでは、自分の中で器用なほうだと思っていたのですが、いざ入社してみると器用のレベルがまったく違っていたことに気付きました。そんな中で覚えなければならないことばかりですので正直言って厳しいことも多いですが、先輩たちが根気よく見守りながら教えてくださるので、どんどん挑戦していきたいです。
Q4: 仕事でうれしいと思った瞬間は?
きれいに仕上げることができたときです。将来、お客様とやりとりするようになった時に喜んでいただけることが一番うれしいと思います。
Q5: 休日の過ごし方は?
プライベートでもモノづくりにはまっています(笑) 最近では、娘たちと一緒に毎週お菓子づくりに励んでいます。