型づくりの技術 石膏型の株式会社マエダモールド

型づくりの技術

マエダモールドでは、
伝統的なやきものや陶器をはじめ、モデル・建材、最近では大物の工業セラミックスなど
あらゆる用途の石膏型を手掛けています。
機械加工やデジタル技術がいくら進歩したといっても、手作業の多い仕事です。
石膏というのは造形性が柔軟で扱いやすい一方で、とてもデリケート。
完成した石膏型は一見よく見えても、いざ使ってみるとバリが大きく出てしまったり
型の分割方法ですきまができてしまったり、職人の技の違いで大きな差が出てしまいます。
毎日の製品づくりに欠かせない型だからこそ、
クオリティはもちろんのこと使い心地まで考えた石膏型づくりを心がけなくてはならない。
私たちマエダモールドは、50年以上にわたって受け継がれてきた
職人の技術力×チームワークで
より軽量で、より使いやすい、よりハイクオリティな、
お客様の要望に合った、心から喜んでいただける石膏型を提供し続けます。

正確さだけでなく、見た目の美しさにもこだわります正確さだけでなく、見た目の美しさにもこだわります
ひとつひとつ、伝統の技が受け継がれていきますひとつひとつ、伝統の技が受け継がれていきます
難しい型にも積極的にチャレンジする職人たち難しい型にも積極的にチャレンジする職人たち

気泡が入らないように流し込むにも、技術が必要です気泡が入らないように流し込むにも、技術が必要です
石膏型を使う人のシーンまで考慮し、調整されます石膏型を使う人のシーンまで考慮し、調整されます

仕上げのチェックにも余念がありません仕上げのチェックにも余念がありません

型の分割が複雑になるほど、より精度が求められます型の分割が複雑になるほど、より精度が求められます

最適に整えられた環境で石膏型が保管されます最適に整えられた環境で石膏型が保管されます